読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

補助輪付きの心臓

2008年に突然倒れ、ブルガダ症候群と診断。ICDを埋め込みながらも前向きに生活中。

リュックサックが背負えない

ICDを胸に埋め込んで物理的にも困っていることが多いです。特に最近気になっているのはリュックサックを背負えないこと。リュックサックを背負うと胸のICDとリュックサックのベルトが干渉するのでショルダーバッグを使わざるを得ません。

最近出張する機会も増えたのでPCを持ち運びたいのですが、重たいPCをショルダーバッグで持ち運ぶのは正直結構しんどいです。 また、ICDが邪魔でショルダーバッグの背負い方もある程度限定されます。なので疲れても背負い方を変えづらいという問題もあります。

結果として最近はもうPCを持ち運ぶこと自体をやめつつあります。

軽いPCに買い換えても良いのかもしれませんが、エンジニア的にはある程度スペックの高いPCを使いたい気持ちもあり、悩ましいところです。 甘えるな筋力を鍛えろ!なんて考える人もいるかもしれませんが、それはそれでICDを埋め込んでいると腕部の筋トレはかなり制限されるという現実もあります。

こういったパッドも売っているようですが、あまり期待できなさそうだしどちらにせよ蒸れそうなので自分では試したことがありません。どうなんですかね?

元々ショルダーバッグよりもリュックサックの方が好みだったのでずっと困っています。自転車で遠出するときなんかもメッセンジャーバッグを背負うしか無くて、左肩が非常に痛くなります。 担当医に何か良い解決策は無いか聞いてみても、現状特に無いようです。

というわけで特にオチはないのですが、とにかく困っているという話でした。